散歩と写真(京都・大阪・・)

散歩しながら撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡・季節の花

背割堤(せわりてい)の桜2022 長い桜並木と人混み 背割堤は木津川・宇治川・桂川の合流点 20220402



奈良県の方から木津川、滋賀県琵琶湖から宇治川、京都から桂川

この三川が合流して淀川になる地点に背割堤がある。

 

背割堤の南を木津川、北を宇治川が流れる。長さは1.5kmほどある。

その堤に桜が植えられている。堤の道の両側に桜が植えられていた。
長い桜並木となる。

ずっと先まで桜並木続く。

f:id:m3785com:20220403181339j:image

3年前の2019年の6月の桜が終わっり梅雨前に来たことがある。
背割堤の先端まで歩いた。
あとで、花見名所だと聞いて、一度は行ってみたいと思っていた。

以来、

背割堤の桜を思い出す時は、いつも桜の終わった頃で、長く機会を逃していた。

photo.talk-turkey.com

 

先週の日曜日、嵐山駅で背割堤の桜のポスターを見かけた。
ポスターは「さくらまつり」のものだったのだ。
その時、背割堤に来週行こうと決めた。

 

背割堤では、先週から「さくらまつり」が開催されていた。
3月26日から4月5日まで。

背割堤へは、電車では京阪電鉄の「石清水八幡宮」駅が最寄り駅。
この駅には、石清水八幡宮に行くときに、何度行ったことがある。
いつも空いていた。

また、3年前に背割堤に行った時は、サイクリングする人をたくさん見かけた。
今度来るときは自転車でと思っていた。

「さくらまつり」が開催されていることは知らず、それほど混雑していないと思っていた。駅前でレンタルサイクル借りて自転車で行こうとと計画して行った。

しかし、甘かった。

f:id:m3785com:20220403182238j:image

f:id:m3785com:20220403182241j:image

ひどい混み具合だった。

レンタルサイクルを貸し出している観光案内所で聴くと、今日は、「さくらまつり」で背割堤に自転車が入れないとのこと。自転車でい行けるのは入り口までとのことだった。途中の道も人がいっぱいで、自転車に乗れないかもしれないとのことだった。

f:id:m3785com:20220404193733j:image

結局、歩いて行くことに。

駅から背割堤まで歩いて10分ほど、約850m。
背割堤は入り口から先端まで約1.5km。
往復で、3km。
合計で約5km近くの行程になる。

一人なら十分歩ける距離だが、妻にはちょっと大変かもしれない。

 

   

 

観光案内所の人が言う通り、背割堤への道も混んでいた。
背割堤には、木津川に架かる御幸橋を渡る。
御幸橋の信号で、人が渋滞していた。周辺も交通規制があって、車も渋滞していた。
f:id:m3785com:20220403193135j:image
f:id:m3785com:20220403193138j:image

御幸橋から背割堤。ずっと桜並木が続く。

f:id:m3785com:20220403194308j:image
f:id:m3785com:20220403194304j:image

   

 

橋を渡り切ると、そこは、背割堤の入り口。

f:id:m3785com:20220403204343j:image
f:id:m3785com:20220404185236j:image

堤の上の桜並木を歩いた。

桜の花も近くで観れる。

f:id:m3785com:20220403204507j:image
f:id:m3785com:20220403204512j:image
f:id:m3785com:20220403204509j:image
f:id:m3785com:20220403204518j:image

堤の上の桜並木を歩いた。
歩いているうちに、何と無く、造幣局通り抜けの桜の下を歩いているような気分になった。
桜の花が間近に見ることができるので、悪くはないが、なぜか少し退屈な感じがした。

   

 

ふと視線を右き向けると、宇治川が見えた。堤の斜面では、シートを敷いてお弁当を食べている人が目についた。

f:id:m3785com:20220403204515j:image

f:id:m3785com:20220403205540j:image

左に目を向けると

数多く屋台が並んでいた。堤の斜面で、お弁当を広げていたり、屋台でかったポテトや焼きそばを食べている人を見かけた。

f:id:m3785com:20220404190136j:image
お昼を食べていないので、空腹感があった。
来る途中で、カスタードのクロワッサン生地のたい焼きを食べた。
このあたりに来ると、焼きそばの惜しそうな匂いがした。
おなかがすいたし、焼きそばを食べようと、
堤を降りて焼きそば、シャカシャカポテト、ソフトクリームを買って、堤の斜面に腰をかけて食べた。

木津川をと帰りの人の流れのある屋台の並ぶ道を眺めながら食べた。
陽光のもと、少しのんびりとした時間を過ごすことができた。

お腹もいっぱいになったが、この先行って、何があるかわからないが、ずっと同じかもしれないかもしれない。
このあたりで、引き返すことにした。

堤から降りて、屋台の並ぶ帰り道に出た。
帰り道、屋台の並ぶ堤の下の道から見る桜はきれいだった。
並木道を歩くより、下から見上げる桜の方がいいなと思った。

f:id:m3785com:20220404185833j:image

f:id:m3785com:20220404185848j:image

f:id:m3785com:20220404185939j:image

写真は、見た目で感じた色に近くなるようにPSで色の調整をしました。

 




風景・自然ランキング