散歩と写真(京都・大阪など)

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山など。



大阪中之島 休日のビジネス街の紅葉を見ながら散歩 2018(30) 11 24

紅葉の季節。京都がすごい人出のようだ。ニュースになっていた。昨年、この時期に嵐山に行った。渡月橋から天龍寺、竹林の小径など、すごかった。四条河原町あたりのような混み具合だった。橋を渡るのも順番待ち。鉄道は通勤ラッシュなみの混雑。今年も、それ以上の混み具合だったのだろう。

反面、平日、忙しく人や車が行き交い、はりつめいた雰囲気が漂うビジネス街も、休日なると、車も人もまばらで、のんびりした雰囲気だ。

 

淀屋橋

大阪の目抜き通りである御堂筋にある淀屋橋淀屋橋からひとつ南の本町の間は、大阪の中心的ビジネス街。本社や大阪本社などが多いエリア。

淀屋橋には、大阪市役所もある。

その市役所の南の遊歩道の木々は紅葉していた。

f:id:m3785com:20181124172620j:image

f:id:m3785com:20181124224258j:image
f:id:m3785com:20181124224303j:image

大阪市役所から中央公会堂あたりでは「Osaka光のルネサンス2018」12月14日から開催される。飾り付け準備も進んでいるようだ。

御堂筋は夜、イルミネーションで彩られる。

f:id:m3785com:20181124230906j:image

淀屋橋から。

f:id:m3785com:20181124172333j:image

f:id:m3785com:20181124172355j:image

f:id:m3785com:20181124222512j:image

 

川沿いを散歩。

f:id:m3785com:20181124222434j:image
f:id:m3785com:20181124222443j:image
f:id:m3785com:20181124222438j:image

四ツ橋筋にかかる渡辺橋まで歩いた。

 

一つ手前の歩行者専用の「錦橋」のたもとには、ユニークな碑があった。

・大阪の橋の番付を記した碑

・大阪の古地図の碑

 

橋の番付の碑

東の大関は「天神橋」、関脇は「日本橋」等々。

西の大関は「難波橋」関脇は「長堀橋」等々と橋の名前が番付順に記されてた。なぜか行事は「四ツ橋」というユニークな番付表だった。

f:id:m3785com:20181124223458j:image
f:id:m3785com:20181124223454j:image

大阪の古地図の碑

f:id:m3785com:20181124224023j:image

川の交差点のあたり川の流れがも確認できた。

f:id:m3785com:20181124233631j:image

 

北新地

北新地は、夜の街。当然のことだが、土曜日の朝は、静かで、人も車も少ない。

↓本通り

f:id:m3785com:20181124231508j:image