散歩と写真 Walker'SceneryPhotos in Kansai

散歩しながら撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡・季節の花

八大神社(宮本武蔵開悟の地)・一条寺下り松・宮本武蔵 20221016

一乗寺下り松

宮本武蔵を若い人はどれだけ知っているだろうか?

宮本武蔵は

江戸時代初期の剣術家、大名家に仕えた兵法家、芸術家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖。

その武蔵が、剣術の名門吉岡一門と戦うこととなる。(ウィキペディア「宮本武蔵」より)

50歳台60歳台以上の人は、よく知っていると思う。吉川英治氏の「宮本武蔵」は有名だ。この小説は、1935年8月23日から1939年7月11日まで、朝日新聞に連載された。
子供のころには、テレビドラマを見た。最近では、2003年にはNHK大河で「武蔵 MUSASHI」が放送されたようだ。自分が見たのは1975年のフジテレビ系列の「宮本武蔵」。
武蔵を演じたのは、十二代目市川團十郎さん。市川海老蔵さんのお父さん。

この時の武蔵はかっこよかったように記憶している。特に一条下り松の決闘のシーンは、うっすらだが、覚えている。

武蔵はひとりでどのように戦うのか、楽しみにして見た。

先に到着した吉岡一門を焦らし、突然武蔵はどこからともなく現れ、門徒を数人倒し、後は、野原を駆け回りながら、木に登ったりしながら、門徒を倒して行ったように覚えている。ひとりで大勢に立ち向かいやっつけるシーンは爽快だった。

その一乗寺下松の碑が、大八神社の参道の鳥居の手前の住宅街にあった。

f:id:m3785com:20221019091250j:image

↓八代神社参道の鳥居
f:id:m3785com:20221019091253j:image

決闘はこのあたりであったのだろうか?

f:id:m3785com:20221017183302j:image

石碑の両側に松の木があったが、黒松だった。

一条寺下り松

石碑はくろずんで読めなかった。
f:id:m3785com:20221017183522j:image
少し、画像処理をすると文字が出てきた。
「宮本 吉川 決闘之地」と書かれていた。
一条寺下り松

その松の古株が八大神社に保存されている。
八大神社の本殿の前には宮本武蔵と一本松の古木展示されていた。
f:id:m3785com:20221017183831j:image
f:id:m3785com:20221017183835j:image

   

 

 

八大神社

宮本武蔵が吉岡一門との決闘の前に八大神社に立ち寄り、祈ろうとしたが、思い直し、祈らなかった。

自らの壁書である「独行道」にある

「我神仏を尊んで神仏を恃まじず」という言葉が

ふと浮かんでそれに従ったようだ。

とても強い人だった。自分には真似ができない。

 

緩い坂を上がった。そして、八大神社のものと思われる朱色の建物らしきものが見えたころ、坂が急になった。上がりきる手前に「詩仙堂」の看板が目についた。
詩仙堂はこんな所にあったのか?この日は、時間があれば、詩仙堂まで足を延ばそうかと思っていたが、こんなに近いとは思ってもみなかった。

八大神社
f:id:m3785com:20221018080543j:image

いろいろな御朱印がある。
この神社に行こうと思ったは、梨木神社でもらった「京都こだわり御朱印三社めぐり」チラシに八大神社の名前が載っていたからだ。
八大神社で二社目、あと一社「椥(なぎ)神社」に行けば、「記念御朱印」をもらうことができる。f:id:m3785com:20221019091503j:image

鳥居をくぐって、木漏れ日がいい感じにさしていた。隣は詩仙堂だろう。

宮本武蔵は映画にもなったのだろう。ポスター掲示してあった。
f:id:m3785com:20221018080554j:image

他にも季節ごとの催事の写真が紹介されていた。
f:id:m3785com:20221018080559j:image
f:id:m3785com:20221018080603j:image

   

 

 

社務所ここで御朱印を買った。
f:id:m3785com:20221018080608j:image


f:id:m3785com:20221018080615j:image

宮本武蔵像

宮本武蔵像の説明石碑




   

 

御神木(松ではなかった)
f:id:m3785com:20221018080627j:image
f:id:m3785com:20221018080621j:image御神木の向いの社務所の横に、喫煙所があった。ここでひと休憩した。

御神木の横の階段を上がると・・・
f:id:m3785com:20221018080634j:image

稲荷社があって、さらに進むと、先ほど上がってきた道に出た。
この日は、この先を右に曲がり「狸谷山不動院」に向かった。
f:id:m3785com:20221018080640j:image