散歩と写真(京都・大阪・・)

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡



神戸散歩 垂水漁港〜垂水なぎさ街道〜舞子公園・明石海峡大橋 20191102

★★★目次★★★

★★★★★★★★★

 

久々の快晴の週末

11月入ってすぐの土曜日、3連休初日。天気予報は快晴。久々に快晴の週末のような気がした。

こんな日は、出ないと勿体ない気がした。

仕事終わり出かけた。京都・大阪のどちらにしようか迷った。どうもしっくりこなかった。

JR大阪駅まで出た。

姫路行き新快速に乗った。

乗ってからも、神戸・三ノ宮・北野に行こうか?考えた。

三ノ宮に着いた。すぐ降りなかった。ドアが閉まる寸前に降りた。

ホームを出口に向かって歩いた。

「垂水」に行こうと思い着いた。「垂水」は垂水漁港が近くにある。昔海釣りによく行った。久々にいってみよう。

停まっていた快速に乗った。三ノ宮からだと30分ぐらいでつく。

神戸の街中を走り、須磨が近くなると海が見えて来る。並行して走る国道沿にマリンショップのような、マリンスポーツのスポットの近くにあるような店がポツポツ見えた。

須磨は阪神エリアでは有名な海水浴場。駅を出るとすぐ浜が広がっている。停車している電車の車窓からもよく見える。

垂水はまだ先。垂水漁港は神戸市垂水区にある。三ノ宮があるのは中央区、西隣が兵庫区、長田区、須磨区、そして垂水区となる。そして、明石市

↑TOPへ

垂水駅

f:id:m3785com:20191103101402j:image

垂水駅に以前降りたのは、もう半世紀前。当時の様子は全く覚えていない。わりと賑やか駅だ。改札出たところに色々と店があった。漁港反対側の駅北は色々店がありそうだ。

地図見て気づいた。アウトレットのマリンピア神戸が近くにあった。
f:id:m3785com:20191103101359j:image

f:id:m3785com:20191103174613j:image

↑TOPへ

 

垂水漁港

釣りに来た時は、沖まで続く堤防の先の方で釣り糸を垂れていたように思う。今は釣りをしている人は見かけない。

f:id:m3785com:20191103174345j:image
f:id:m3785com:20191103174341j:image

↑TOPへ

 

三井アウトレットパーク マリンピア神戸

f:id:m3785com:20191103195551p:image
f:id:m3785com:20191103195605p:image

アウトレットの海側はヨットハーバーがあった。
f:id:m3785com:20191103195546j:image

その海側は、椅子などが置いてある広場になっていた。
暑くも寒くもないこの時期、ここで、買物のあとか、暖かい陽がさしを浴びて、のんびりと土曜日の午後を過ごしていた。
f:id:m3785com:20191103195538j:image
f:id:m3785com:20191103195542j:image

f:id:m3785com:20191103205454j:image

ヨーロッパ調のデザインの建物が並んでいた。週末なので、家族連れが多く来ていた。一時期ほどの賑わいはなさそうな感じもした。

数年前に家族で来た。買い物に全く興味のなかったので、外をウロウロしていると、ここから、明石海峡大橋がよく見えたのを思い出した。

↑TOPへ

 

垂水なぎさ街道

マリンピア神戸から、海沿いを明石海峡大橋に向けてどこまで歩けるか歩いた。

巨大な建造物近そうに見えて、意外と遠くにある。明石海峡大橋まで行けるところまで歩き始めて、どこあたりが行き当たりかと思いつつ歩いた。

歩いてみるとどんどん、明石海峡大橋の方に向けて歩くことができる。しかも、見える景色は公園のように整備されていった。

歩いていると、「垂水なぎさ街道」という看板があった。

調べてみると、東はJR垂水駅より三ノ宮側の「塩屋」駅から、垂水漁港・三井アウトレットモールマリンピア神戸・舞子公園・明石海峡大橋をこえて、神戸から姫路まで走っている山陽電鉄「山陽西舞子」駅まで続いていた。この日歩いたの、のコースの真ん中あたりだ。(地図参照) 

 マリンピ神戸を出て、さらに明石海峡大橋に向けてあるくと、浜に出た。

振りむいて、マリンピア神戸。遠目み観ると南国風リゾートを思わせる。

明石海峡大橋に向けてさらに、歩を進めた。

↑TOPへ

 アジュール舞子バーベキュー広場

↑TOPへ

 

舞子公園

歩いていると、少し様子が変わっていくる。このあたりから舞子公園だろう。 
舞子公園一帯は、舞子浜と言われていたようで、白い砂と青い松と淡路島を望める景観があり、天下の名勝とも言われたようだ。江戸時代「東海道五十三次」を描いた安藤広重が「播磨舞子の浜」を描いたり、志賀直哉の「暗夜行路」で、「塩屋、舞子の海岸は美しかった。夕ばえを映した夕なぎの海に・・・」と舞子浜を描いた。

(参考:「公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会 舞子公園管理事務所」)

 

 根上がり松再生

昔、須磨から明石にかけては、浜沿いに松林が続いており「須磨から明石は松林づたい」と言われていたようだ。
海岸近くの松は、波や強い風で、削られ、根が地上に露出して「根上がり松」多くあったようだ。今、その松を再生しようという運動が行われている。
「根上がり松」で検索すると、各地にあるようだ。浜松、鳴門、京都伏見、兼六公園など。 

↑TOPへ

武藤山治邸 

茶店のようになっていた。

旧武藤家別邸洋館は1907年(明治40年)、実業家で衆議院議員も務めた武藤山治(1867年 - 1934年)の別邸として、舞子海岸の有栖川宮別邸(現舞子ビラ)近くに建設された木造二階建の円形バルコニー・スレート葺の屋根・下見板張りの外壁が特徴の洋館。 

↑TOPへ

孫文記念館

孫文記念館(そんぶんきねんかん)は、兵庫県神戸市垂水区の舞子公園内にある博物館。旧称は孫中山記念館(そんちゅうざんきねんかん)。八角形の中国式楼閣『移情閣』は1915年築の現存する日本最古のコンクリートブロック造建造物で、国の重要文化財に指定されている。 (ウィキペディア孫文記念館」より)

 

↑TOPへ


 

明石海峡大橋

f:id:m3785com:20191103205456j:image
f:id:m3785com:20191103205515p:image
f:id:m3785com:20191103205525j:image
f:id:m3785com:20191103205519j:image
f:id:m3785com:20191103205450j:image

 

突き当たりは海だった。海の向こうに明石なさ街が見えた。まるで、海に浮かぶようだった。

f:id:m3785com:20191103214046j:image

 

YouTube動画