散歩と写真(京都・大阪・・)

散歩しながら撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡・季節の花


中山寺 山号:紫雲山 西国三十三ヶ所 二十四番札所 安産祈願のお寺 兵庫県宝塚市 20210613



阪急電車宝塚線の駅「中山観音」駅は中山神社の最寄り駅。

駅出て数十メートルほど歩けば山門に到着する。

駅名、昔は「中山」駅だった。2013年に「中山観音」駅に変わった。

f:id:m3785com:20210614183518j:image

昔は、親しみを込めて中山さんと呼んでいた。今でもそう呼ぶ人いるのかな。

何度か行ったはず、

娘の七五三でも行ったはずだが、

あまり記憶にない。

このお寺は主に「安産祈願」のお寺。

「安産祈願」ではないが、久しぶりに行ってみようといった。

駅に近く、数十メール歩くと立派な山門があった。山門からはまっすぐな石畳の参道。脇には塔頭が並び、参道沿いにはアジサイが咲いていた。

f:id:m3785com:20210615194612j:image
f:id:m3785com:20210615194609j:image

五重塔が見えた。

山門

f:id:m3785com:20210614183424j:image

f:id:m3785com:20210614184139j:image

f:id:m3785com:20210614203900j:image

 

   

 

五重塔(青龍塔)

山門を通る時から、なぜか、この五重塔がやけに目についた。

f:id:m3785com:20210614203524j:image

境内の一番奥手にあるが

金ぴかの相輪がとても綺麗だった。

f:id:m3785com:20210614183833j:image

近くでみるとなんとなく青味を帯びている感じだった。

平成29年に400年ぶりに建て直されたようだ。

青龍塔と言う。青龍は四神相応で西の神。

塔の西側にに「青龍塔」の額がかかっていた。

f:id:m3785com:20210614203320j:image

青龍だから、垂木あたりに青い色がついているのだろう。

f:id:m3785com:20210615174121j:image

青龍の額が西面にあったので、南は朱雀、東は白虎、北は玄武の額がかかっているのかと周りを回ってみた。南と東は確認できなかった

弘法大師像

五重塔の横に大師堂がありその前にある広場端に弘法大師の像がポツン崖に立つかのうように立っていた。

f:id:m3785com:20210614205800j:image
f:id:m3785com:20210614205748j:image

 

大願塔

f:id:m3785com:20210614205634j:image
f:id:m3785com:20210614205623j:image
f:id:m3785com:20210614205612j:image

   

 

本堂

f:id:m3785com:20210615102434j:image
f:id:m3785com:20210615102117j:image

 

眺望

大願塔の前を通り、少し歩くと信徒館と絵馬堂がありその前は広場がありそこから宝塚市西宮市の街を望める。

f:id:m3785com:20210614210751j:image
f:id:m3785com:20210614210738j:image

甲山(かぶとやま)もはっきみえた。
f:id:m3785com:20210614210728j:image

はす

境内では、蓮がかたまって置かれていた。花は一輪二輪。まだ少し早そうだった。

f:id:m3785com:20210615194852j:image
f:id:m3785com:20210615194849j:image
f:id:m3785com:20210615194855j:image

 

 

バリアフリー

山の斜面にあるお寺。本堂に行くには階段が二つ。五重塔に行くには本堂からさらに階段を上がらないいけない。

f:id:m3785com:20210614211556j:image

普通ならちょっと大変なのだが、本堂までの二つの階段の横にはエスカレーターが

f:id:m3785com:20210614211301j:image

五重塔へはエレベーターがあった。

f:id:m3785com:20210614211331j:image

安産祈願のお寺。子供連れや妊婦さん年輩の瞳がくることが多いのだろう。

できるだけ階段坂を登らないでお参りできるようにしているようだ。また境内ないを歩いって回れるように段差があるところは、スロープがあった。できるだけ、階段を使わずに回れるように工夫がされていた。

とても見て周りやすかった。

 

 

 

 




風景・自然ランキング