東寺 夜桜ライトアップ まだ、見頃には少し早そう。ライトアップされた東寺五重塔が金色に【京都市南区】 20240330

 

Xの記事に、東寺の桜が見ごろとあった。

夜桜ライトアップの写真が投稿されていた。

大阪の土佐稲荷神社の桜はまだまだだったが、京都はもう咲いているのか?

そう思い。

桜を見に夜桜ライトアップに行っくことにした。

 

東寺の夜桜ライトアップは

4月14日(日)まで。

時間は18時から21時30分(受付21時まで)

拝観料:大人1,000円、中学生以下500円

入場は、東の慶賀門。

間違って、南大門に行ってしまった。

慶賀門の入場口の様子
f:id:m3785com:20240331202653j:image

慶賀門で入場料を支払ったあと、夜桜ライトアップまでの通路を歩いた。

その通路からも桜と東寺を見ることができた。

少し桜が少ないかなと思った。

f:id:m3785com:20240331064504j:image

夜桜ライトアップ会場内

入場してすぐにあったのが「不二桜」。

漢字は違うが、昔そんな関取がいような。

見ごろは4月中頃のと駒札に書いてあった。
f:id:m3785com:20240331064457j:image

東寺に来て写真を撮るとなれば、どうしても、五重塔が主役になる。
f:id:m3785com:20240331064812j:image

f:id:m3785com:20240331064836j:image

桜の咲き具合は、まちまちで、多くが下のような感じ。
f:id:m3785com:20240331064453j:image

f:id:m3785com:20240331064833j:image

五重塔近くには、かなり花がつけている桜があった。

その下では、桜と五重塔を撮ろう多くの人が集まっていた。
f:id:m3785com:20240331064839j:image

f:id:m3785com:20240331064816j:image

f:id:m3785com:20240331064801j:image

日が完全にくれると、ライトアップされた桜が鏡のような池の水面に映えていた。
f:id:m3785com:20240331064843j:image

五重塔

ここから五重塔の見え方の変化も含めて、写真を紹介したい。

まだ薄暮の頃。梅園から五重塔。
f:id:m3785com:20240331064754j:image

少し深くなってきた。空が濃い青一色になり、ライトアップされた五重塔が映えた。
f:id:m3785com:20240331064822j:image

五重塔をいままで遠くからしか見ていなかった。

近づいてみてみると、全く違った感じに見える。

その感覚は写真でちょっと伝えにくい。

f:id:m3785com:20240331064819j:image

大きい、日本の古塔の中で一番高いだけある。

f:id:m3785com:20240331201929j:image
完全に暮れたころ、五重塔の写真を撮ると、五重塔が金色に光っているように見える。
f:id:m3785com:20240331064829j:image

池の水面に映る五重塔。

池に映る五重塔の全景を見ることができる所があった。

そこは、人でごった返していた。日本人海外の人が入り乱れて、

ベストショットの撮れる場所を静かに取り合っていた。

撮ることができたが、下に金髪の女性の頭が写っていた。

東寺 夜桜ライトアップ

別の場所からも東寺が、池に写っている東寺の写真を撮った。

東寺夜桜ライトアップ

f:id:m3785com:20240331064804j:image
f:id:m3785com:20240331064826j:image

合成写真のように見える。

皮肉にも、五重塔が一番キレイに見えたのは、出てからだった。

f:id:m3785com:20240331064808j:image
f:id:m3785com:20240331064747j:image
残念ながら、桜の花の見ごろには少し早い感じだった。

東寺の五重塔より高い京都タワーが少し見えた。

3月30日となれば、例年ならもっと桜が咲いていたと思う。今年の桜は少し遅い。

講堂・金堂拝観

講堂と金堂の拝観ができた。

昼間でも薄暗い屋内、夜になるとなお暗い。

明かりは仏像を照らすほの暗い明かりだけ。

足元も見にくかった。

また、いつも見る世界と違ってよかった。

講堂も金堂の中も撮影禁止なので、外観だけ撮った。

講堂

金堂

帰り京都駅にて

京都駅に戻ったのは午後8時ごろになった。

夕食をまだ食べていないので、新大阪に帰って食べるか、京都駅で食べるか相談した。

どちらでもということなので、

京都駅八条口にある「京都おもてなし小路」で食べようかと思った。

何度か通ったことがあり、この小路の造りが、京町家の雰囲気のあるところで、ゆっくりと来てみたいと思っていた。

行ってみると、意外と食事する店が少なく、どの店も多くの人が並んでいた。

ちょっと高めのところは、欧米の人が並んでいた。

ひと通り歩いて、いい店がないと思った。

新大阪で食べようかと、歩きだしたとき、

この小路にしては、ちょっと雰囲気の違う喫茶店のような店がありった。

メニューを見ると、天丼やカレー(キーマカレー)やうどんちょっと変わった感じがしたが、天丼が好きなので、この店に入った。

店の名前は「原了郭(はらりょうかく)」。

もとは、飲食店ではない。

京都の祇園で七味などを売っている老舗。

テーブルには、この「原了郭」で売っている七味・黒七味・うま塩など並んでいた。

食べるときに試してくださいということ。

「天丼」と「国産和牛すきうどん」を注文した。

カレーもあったが、カレーは当たり外れがあるので、やめた。

しかし、あとで、帰りにもらったパンフレットを見ると「カレー」を食べればよかったと思った。

七味を使ったカレーなどが、特徴のようだ。

以前、兵庫の道の駅の京都の土産物店で、激辛の「七味」のレトルトカレー買って帰って、食べたことがあるが、辛くて食べれなかった。

七味のカレーの辛さは、尋常ではなかった。

この店とは別の店のカレーだったと思う。

ここの店の七味カレーはどのような感じなのか、興味を持った。

カレーを試してみたかった。

しかし、注文したのは国産和牛すきどん。

すきうどんを食べた。

ゴボウが全体の味を引き立てている感があった。

うどんの歯応えはちょうどだった。うどんに味が染みた感があった。

天丼のエビも2尾あり、とても太く、サクサクと食べていた。

テーブルにあった黒七味をかけてみた。

山椒の味がした。程よい辛みが味を引き立てた。

重厚な趣の店に入るより、手ごろな価格で、ちょっと老舗の味を味わえた感じがした。

カレー注文したらよかったかな。

原了郭 京都駅八条口店
〒600-8214 京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 JR東海新幹線京都駅1F
r.gnavi.co.jp

 

hararyoukaku.co.jp

地図・アクセス

東寺の最寄り駅は、近鉄「東寺」駅から徒歩約10分。

京都駅からも歩いて行くことは可能。

夜桜のあと、夜の京都の町を京都駅まで歩いてみても面白いかもしれない。

自分たちは、近鉄で京都駅まで戻った。