散歩と写真(京都・大阪・・)

散歩しながら撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡・季節の花


Googleローカルガイド5 動画



 

   

 

Googleローカルガイド

Googleローカルガイドを始めて、もう3年になる。

Googleローカルガイドとは、ユーザーがGoogleマップにお店や、レストランや観光地の写真や口コミや未登録の場所や道を新しい情報を追加していく。

ユーザーが地図を作っていく、ソーシャルマップのようなものだと思う。

Googleローカルガイドには、投稿の対価に投稿毎に、規定のポイントが付与される。その得たポイントの合計で1から10のランクのバッジがもらえる。

 

金銭的な報酬はない。報酬はランクやバッジを獲得するためのポイント。

現在はランク8まで来た。
合計で15,000ポイント獲得した。
次50,000ポイントを超えればランク9に昇格。
そして100,000ポイントを超えれば、最高峰のランク10になる。

ランク10になるには相当大変だ。

ちなみに得られるポイントは
写真投稿一枚で5ポイント
クチコミ一件で10ポイント
動画一本で7ポイント
場所の追加一か所で15ポイント。
他にもあるが、おもなもの。

他にもあるバッジ

ランク以外にも、スマホアプリでは別のバッジがある。

写真クチコミ開発(場所の提案)動画情報確認など5種類のバッジがある。それぞれ、投稿数や投稿に対する見た人の反応でジャンル毎に3種類のバッジがある。

以前は「ビギナー」「エキスパート」「マスター」と投稿数といいねの数でバッジが上がっていく。

今は、オリンピック・パラリンピックの影響で、「銅メダル」「銀メダル」「金メダル」になっている。

---------------------------------
f:id:m3785com:20210901174547j:image
-----------------------------

一年程度で、開発(場所の提案)写真クチコミは、マスター(金メダル)のバッジになった。

これまでは、わりとまめに投稿した。

 

   

 

Googleマップで動画投稿

あとは情報確認動画が残っている。

どちらも今は、「エキスパート」(銀メダル)

まず、動画からと思い、最近はもっぱら動画に専念している。

動画写真と違い、視聴回数が稼げる。投稿数が少なくても視聴回数が伸びる。

動画の方が、写真より伝える情報量が多い。

 

動画投稿の現状は、
・投稿数1,000必要なところ367本、
・達成度(投稿した場所)100箇所必要なところ274箇所。これはクリア。
・影響度(動画視聴回数)100万必要なところ85万回程度。もうすぐクリア。

上記の条件をクリアしてマスター(金メダル)がもらえる。
もらえるといってもアプリの中のことで、送ってはこない。

投稿数が4割も行っていないが、視聴回数が8割以上になっている。

難しいと思った、動画視聴回数が意外と伸びている。
視聴回数を稼げるのは、鉄道ものが以外と視聴回数が伸びた。

写真の時と増え方が反対だ。
写真は投稿数が目標達成しても、表示回数が伸びなかった。

投稿数からすると マスター(金メダル)はまだまだ先のようだ。
出かけたときにこまめにスマホで動画を撮って、アップすることにしている。

動画は撮るのは、スマホで簡単に撮れる。
公開用にするのが少し手前だ。人や人の声など、邪魔になるものを省いて公開するようにしているので、手前がかかる。

しかし、撮っていると、映画やドキュメタリーの映像を撮っているような気分にもなれる。

素人が撮る動画、手振れや切り方が悪かったりとうまく撮れない。
撮っていると、なかなか、面白い。

下手な動画を編集アプリで、編集。
Googleマップでアップできる動画30秒。
30秒以内にできるだけ支障ないように切まとめる。

また、編集するのも面白い。

ハマってしまった。

動画

以下のような動画をGoogleマップに投稿した。

23秒

 

26秒

 

表示回数が多かったのはこの阪急嵐山駅の動画。昨年10月に撮ったもの。

人がいない嵐山駅前の様子を撮った。10秒

 

 

 

photo.talk-turkey.com

photo.talk-turkey.com

photo.talk-turkey.com

photo.talk-turkey.com

 

 




風景・自然ランキング