散歩(京都・大阪など)

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山など。



高瀬川(京都) 散歩 2018(30)1014

★★★目次★★★

★★★★★★★★★

水に流す

どうも、遺跡や歴史ある神社仏閣より、人や物が行き来する道や川に興味があるようだ。

そこにこそ歴史があるように思えるから色々興味を持つのかな。

高瀬川は以前から興味あった。

かつては、物流に貢献した。今は、それも今は昔の話。

地図で見てみたどうみわからないので、いけるところを実際に歩いてみた。

歩くと、ネットだけではわからないものを感じることができる。

今の高瀬川の役割は観光のスポットとしてだろうか?

観光名所も四条あたりでも、目に余るゴミが川に投棄されているのをみる。ひどい話だ。

物流としての高瀬川の役割は終わったかもしれない。そして、今や、不法投棄の場所かなと思った。

日本人の本質だと思う。「水に流す」ってよく言う。

いらないものは、川に捨てれば水が流してくれるとでも思っているのだろうか?

今回の本題から外れるので「グチ」はここまで。

 

   

 

高瀬川

京都盆地で有名な川と言えば、鴨川、高瀬川桂川だと思ってる。

桂川は京都の西の嵐山を流れ、鴨川は、東山の近くを流れる。京都の東西を流れる京都の川の代表。

高瀬川は鴨川の西側を流れている小さい川。

川の名前は、用いられる舟の高瀬舟に由来するようだ。

高瀬舟は河川や浅海を航行するための木造船である。 高瀬舟の文献資料上の初見は『三代実録』の886年(元慶8)9月16日の条で、近江・丹波両国でそれぞれ高瀬舟を造っているとある。[1] 室町時代末期頃の岡山県の主要河川(吉井川、高梁川旭川等)で使用され始め、江戸時代になると日本各地に普及し、昭和時代初期まで使用された。中世には船体が小さく、底が深く(高背)、近世には型が大きくなり、底が平たく浅くなった。帆走もしくは馬や人間が曳いて運行され、物資の輸送を主な目的としていた。 (ウィキペディア高瀬舟」より)

 

この川は、桂川や鴨川とは違う。

人工の川だ。角倉 了以父子が開削した。

角倉 了以(すみのくら りょうい、天文23年(1554年) - 慶長19年7月12日(1614年8月17日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての京都の豪商。 朱印船貿易の開始とともに安南国との貿易を行い、山城(京都)の大堰川高瀬川を私財を投じて開削した。また江戸幕府の命令により富士川天竜川、庄内川などの開削を行った。地元京都では商人としてよりも琵琶湖疏水の設計者である田辺朔郎と共に「水運の父」として有名である。 

角倉了以は豪商であった。自費で高瀬川を開削し、通行料や倉庫料を幕府と角倉の収益とした。

水運は、一種の利権とも言えるが、そこに目をつけ、実行できたのは、素晴らしいと思う。

 

高瀬川は複数ある

高瀬川は京都と伏見の間の物流を結ぶ目的があった。

高瀬川は3種類あるようだ。

一つは京都市内の繁華街木屋町沿いを流れる高瀬川
十条あたりで鴨川に合流して、対岸の東で東高瀬川が始まる。
昭和10年の鴨川の大洪水があったため、鴨川の川底が浚渫(しゅんせつ)されることとなり。川底が2mほど深くなった。そのため、高瀬川が鴨川に流れ混む場所が今のところに移された。そして、東高瀬川は鴨川から取水することが不可能になった。

もう一つが、西高瀬川

桂川から別れ京都の西をあちこち通って、天神川と合流などして、鴨川と合流して、再び、桂川に注ぐ。

桂川にしても宇治川にしても、あと木津川と合流して淀川になる。

 

   

 

高瀬川沿い散歩

京都の東を流れる鴨川の西を流れる高瀬川沿いを歩いた。

四条界隈の高瀬川沿いはよく歩く。

高瀬川はおそらく二条あたりが始まり。

二条通りから木屋町通り沿いを下ったところにある島津製作所創業記念館資料館の南のあたりから始まる。
角倉了以邸跡の石碑もあるようだ。

平成27年9月ころ撮影した。

f:id:m3785com:20181016202716j:image

その南にある。高瀬川の出発点。

f:id:m3785com:20181016202605j:image

f:id:m3785com:20181017184826j:image

f:id:m3785com:20181016202900j:image

三条、四条と流れて、五条と南に向かって流れていく。

四条あたり

↓今年3月頃高瀬川木屋町

f:id:m3785com:20181017194640j:image
f:id:m3785com:20181017194651j:image
f:id:m3785com:20181017194644j:image
f:id:m3785com:20181017194647j:image

五条の手間あたり

こんな風景が、高瀬川界隈ではある。

↓今年1月頃に歩いた。

f:id:m3785com:20181017194210j:image

高瀬川にはこの小橋をよく見かける。
f:id:m3785com:20181017194208j:image
f:id:m3785com:20181017194215j:image

七条通

f:id:m3785com:20181018190842j:image

f:id:m3785com:20181017194843j:image
f:id:m3785com:20181018190918j:image

 

さらに南に行くと

f:id:m3785com:20181017195003j:image
f:id:m3785com:20181017195007j:image

こんな感じでも鴨がいた。

f:id:m3785com:20181017195414j:image
f:id:m3785com:20181017195409j:image
八条手前、JR高架手前で大きく東に曲がる。

f:id:m3785com:20181017195238j:image

ここにも鴨が不法投棄のゴミ横にいた。

鴨は横のゴミをみて何と思っているかな。

f:id:m3785com:20181017195117j:image

あとは、味気なく、八条、九条、東寺道へと続く。

f:id:m3785com:20181017195638j:image
f:id:m3785com:20181017195625j:image
f:id:m3785com:20181017195630j:image
f:id:m3785com:20181017195647j:image
f:id:m3785com:20181017195633j:image
f:id:m3785com:20181017195620j:image

終点は十条手前。

ここで鴨川へ方向を変える。
f:id:m3785com:20181017195656j:image

f:id:m3785com:20181017213805j:image
f:id:m3785com:20181017213757j:image

こうして高瀬川は鴨川に注いでいく。
f:id:m3785com:20181017213750j:image

ここまでくると、四条あたりを流れる高瀬川とは、違う。

ただ水が流れているだけの水路。

味気ない。

f:id:m3785com:20181017213919j:image

十条は、伏見より少し北にある。この辺りは、阪神高速や大きな通りが走っている交通の要所。

 

同じく、川幅はほぼ同じだが、鴨川も四条あたりの雰囲気はない。

四条あたりの鴨川。

↓今年8月ぐらいに撮った。

f:id:m3785com:20181017214229j:image
f:id:m3785com:20181017214238j:image

十条あたり。

f:id:m3785com:20181017213646j:image

浅く、浅いから流れも早目。

川の中で、浅いがゆえに、水が横に流れていたりりもする。

今の高瀬川は鴨川の西を流れ、鴨川に注ぐ。

 

高瀬川・新高瀬川

鴨川から取水することができなくなった東高瀬川は、水の流れないコンクリートの水路。

川とはほど遠い様子。単に水のない空の水路。

大雨が降ったとき用のように思える。

チョットがっかりした。

高瀬川として伏見に向かい、新高瀬川となって、宇治川に合流する。

f:id:m3785com:20181015201307j:image

すぐ南には、阪神高速のインターがあって、味気ない。

f:id:m3785com:20181017214540j:image

高瀬川と並行して東側に南北に水量が豊かな琵琶湖疎水が流れている。

f:id:m3785com:20181016200356j:image

ここはいい感じだ。

琵琶湖疎水は、伏見インクラインを経てさらに南下し、西への流れと南へ流れと分岐する。西への流れは東高瀬川と合流して新高瀬川と名を変え、宇治川に注ぐ。南へ流れは濠川となる。

高瀬川は、その頃には立派な川になっている。

↓伏見インクライン

f:id:m3785com:20181016200708j:image

↓東高瀬川に架かる大手筋通の橋。立派な橋が架かっている。

Googleマップでは、新高瀬川となっている。橋には「東高瀬川」と書かれている。

f:id:m3785com:20181016195005j:image
f:id:m3785com:20181016194958j:image

 

かつての高瀬川の終点

高瀬川から細い水路が分岐して琵琶湖疎水からの流れの濠川と宇治川派流が合流するところに注いでいる。そこには、角倉了以の石碑が立っている。

f:id:m3785com:20181016193847j:image

石碑の近くに「伏見港と水路の変遷」の案内があった。これをみる高瀬川がかつては、琵琶湖疎水の濠川と宇治川派流に合流する所が、終点だったとわかる。
f:id:m3785com:20181016193836j:image

この先には三栖の閘門がある。

f:id:m3785com:20181016193954j:image

 

 

西高瀬川

桂川から分かれて、市内を東に流れ、天神川と交差して、千本三条手前で南下し、四条通りを過ぎたあたりで西に向きをかえ、御前通り手前で南下し、京都市南区の鳥羽の藤の花で知る人ぞ知る鳥羽下水処理場の近くを流れ、最終的には鴨川に合流する。

f:id:m3785com:20181016192258j:image
f:id:m3785com:20181016192305j:image

西高瀬川を渡って東に進むと、鳥羽伏見の戦いの発端地の鴨川に架かる「小枝橋」がある。

f:id:m3785com:20181016192532j:image
f:id:m3785com:20181016192524j:image
f:id:m3785com:20181016192539j:image

この辺りでは、西高瀬川と鴨川は並行して流れている。

このから南で西高瀬川と鴨川と合流し、桂川に合流する。

 

水の都 京都

 

京都は水の都だと思う。京都盆地の地下には豊富な地下水があって、北山という豊かな水源があり、琵琶湖疏水という人工の水源もある。

京都地下水の水量は琵琶湖に匹敵するほどあるようだ。琵琶湖の方は水量は多そう。

京都市地下水 推定211億m3という記事があった。2003年の記事だが。

琵琶湖の水量  27.5km3。

1km3=10億m3だから。275億m3かな。

しかし、面積では京都市の琵琶湖より広い。

京都市 827.82m2

琵琶湖 669.26m2

京都市の面積は琵琶湖より広いようだ。

京都市と琵琶湖を比較しても意味ないかもしれない。

京都を歩くと、川や水路によく合う。

水が豊かな街だと思う。

水の豊かさがあるから、京都に魅力があるだと思う。

東山が流れる白川の流れはいい感じだ。

大阪も水の都というが、あまり綺麗な水だと思わない。下流なるから仕方ない。

京都水は澄んだきれないイメージがある。どちらかと言うと上流にある。