散歩と写真 Walker'SceneryPhotos in Kansai

散歩しながら撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡・季節の花

知恩院ライトアップ 20221203

知恩院にライトアップは12月3日まで。

知恩院は、浄土宗の総本山。京都市東山区にある。開祖法然上人が布教を始めた吉水にあたりにある。

 

たまたま行ったのが、ちょうど最終日だった。

f:id:m3785com:20221204075200j:image

入口は、三門からでも女坂からでもなくその横にあった。

拝観料:大人800円。二人分1,600円支払った。

知恩院には、それほど紅葉があったような記憶がないので、どんな感じなのか?

f:id:m3785com:20221204075336j:image

紅葉はなかったように思う。

下の写真赤く染まっているのは紅葉ではなく松。

ライトアップで赤く見せていた。

光で演出している。とてもキレイだった。

f:id:m3785com:20221204075911j:image

庭は赤だけでなく青や黄色などで彩られて、夜の闇の中に幻想的な世界を創っていた。
f:id:m3785com:20221204075914j:image
f:id:m3785com:20221204075920j:image
f:id:m3785com:20221204075924j:image
f:id:m3785com:20221204075927j:image

下の紅葉ゆっくり回転していた。
f:id:m3785com:20221204075933j:image

f:id:m3785com:20221204075937j:image
f:id:m3785com:20221204075940j:image

ひと通り回って、庭は終わり。
この庭は、友禅苑。

友禅苑にも紅葉はありそうだが、夜の上に、季節が進んでいるので、散ってしまったのか、あまり気が付かなかった。
f:id:m3785com:20221204075943j:image

これだけかと思ったが、違った。
これだけ?と言う声も聞こえた。
あとで、入口にあった地図を見ると、御影堂や大鐘楼までライトアップされていた。f:id:m3785com:20221204081032j:image

入り口案内図を見ていなかったので、この庭だけで帰りかけたが、御影堂のあたりも何かありそうなので、女坂を上がった。

   

 

女坂(上り)

いつも下りでしか利用したことがないので、下から見上げたことがない。
下るときは緩い階段だとだと思っていた。
しかし、こうして下から見上げると、意外と上っている感があって、上がると少し息切れがした。

f:id:m3785com:20221204075946j:image

女坂から見える、山門と京都の夜景。
f:id:m3785com:20221204075949j:image

御影堂ライトアップ

女坂を上がると、
御影堂がライトアップされていた。
f:id:m3785com:20221204075952j:image
f:id:m3785com:20221204075955j:image

御影堂での「お坊さんのはなし」

御影堂で、お坊さんの話を聞いて、木魚を叩く体験もできた。

帰りには、記念品として、知恩院の七不思議の一つ「瓜生石」をデザインした小さかなバッジをもらった。

「瓜生石」は知恩院ができる前からあったようだ。

八坂神社の牛頭天王がこの石に降臨して、後再びこの石に来現し一夜の内に瓜が生え実った、とか、この石を掘ると二条城まで続く抜け道がある、とか、隕石が落ちたところだとか色々説があるようだ。不思議な石。

御影堂と境内ライトアップ

f:id:m3785com:20221204082604j:image
f:id:m3785com:20221204080001j:image
f:id:m3785com:20221204080004j:image
f:id:m3785com:20221204080007j:image
f:id:m3785com:20221204080010j:image

光のライン、円山公園にいる時から見えていた。
初めてクレーンかとと思ったが、空高くまで続くのだ。
飛行機雲かとも思ったが、知恩院に入ってライトアップのライトだと分かった。
f:id:m3785com:20221204080013j:image
f:id:m3785com:20221204080016j:image

f:id:m3785com:20221204080019j:image
f:id:m3785com:20221204080022j:image

普段は気づかないが、京都タワーが見えた。
f:id:m3785com:20221204080029j:image

女坂を降りながら。
f:id:m3785com:20221204080032j:image

   

 

男坂のプロジェクトマッピング

上の紅葉はゆっくり回転し、下のライトは色がへんかq。

f:id:m3785com:20221204080045j:image
f:id:m3785com:20221204080048j:image
f:id:m3785com:20221204080051j:image
f:id:m3785com:20221204080054j:image
f:id:m3785com:20221204080057j:image

三門のライトアップ

f:id:m3785com:20221204080038j:image
f:id:m3785com:20221204080041j:image

f:id:m3785com:20221204080100j:image
f:id:m3785com:20221204080106j:image
f:id:m3785com:20221204080103j:image

f:id:m3785com:20221204080112j:image

女坂を下りきって、入り口付近

終了の時間間近になって、着物を着て女性の団体が来た。
f:id:m3785com:20221204080119j:image

三門見ながら,正門へ

ライトアップを見た人は、知恩院南門から帰って行った。
知恩院山門を見ながら、知恩院道を通り、新門の方へ歩いた。暗い道だった。時々山門を振り返りみた。
f:id:m3785com:20221204080122j:image

新門への道。

三門の方
f:id:m3785com:20221204080129j:image
f:id:m3785com:20221204080132j:image

新門
f:id:m3785com:20221204080456j:image

ライトアップに何ヶ所行ったことがあるが、ただ見るだけで終わっていた。遅い時間まで、イベントがあるのは初めてだった。

ライトアップもただ明るいだけでなく、幻想的な雰囲気もあって、よく見る知恩院とは違った景色が見ることができて、いいライトアップだと思う。

建仁寺のライトアップが見ることができなかったので、ちょっと、足らない感じだったが、知恩院のライトアップを見ることができて、十分に満足した。