散歩と写真 Walker'SceneryPhotos in Kansai

散歩しながら撮った写真 京都・大阪・和歌山。神社仏閣・史跡・季節の花

川床(かわゆか)と川床(かわどこ)の風景 20220702

貴船には、京都四条を経由していった。

阪急「京都河原町」まで行って、「祇園四条」で京阪に乗り換えて、「出町柳」まで、そして、叡電で「貴船口」駅まで行った。

阪急「京都河原町」駅から京阪「祇園四条」駅までは、少しある。

鴨川に架かる四条大橋を渡らないといけない。

四条大橋から、鴨川沿いに立ち並ぶ川床(かわゆか)が見えた。

f:id:m3785com:20220703133322j:image

この日は、「かわどこ」の貴船と「かわゆか」の四条と行った。

 


 

川床(かわどこ)

川床(かわどこ)料理は、貴船川の上に床をはり、そこで食事をする。料理は懐石料理。清流の流れの音を聞き、「涼」を感じながら食事をする。

↓店と店の間の川には目隠しがあった。

f:id:m3785com:20220705192437j:image

川といっても、鴨川のような大きな流れではないので、床と川がとても近い。
f:id:m3785com:20220705192433j:image

10年近く前に行ったことがある。6月終わりごろだった。

駅を出て、「涼しい!」と思った記憶がある。

まだ、「かわどこ料理」には、少し早いかなと思った。

食べている時も少し寒かった。

f:id:m3785com:20220705192522j:image

   

 

この日は、貴船についたのが、16時近く。

中途半端な時間。

予約もしていない上、こんな時間。

貴船神社にお参りして帰った。

10年前の「涼しかった」という記憶のもとに行ったが、

期待したほどの涼しさもなかった。

川床(かわどこ)料理の店は、貴船神社の近くに多くある。この辺りは、道は狭く、車の行き違いにも苦労するほどだが、その分、旅行気分を味わえた。

下の写真は、貴船の川床(かわどこ)料理の店の並ぶ街並み。

川のすぐ横に店のあるところもあったり、道路を隔て店があるところもあった。

できた料理を道路を渡って川床(かわどこ)に料理を運ぶ店もある。
10年前、料理を道路を渡って運んでくる様子を見て、おもしろいと思った。

f:id:m3785com:20220705192828j:image

道路を渡って料理を運ぶ店。道路沿いのよしず?の壁の向こうは川。見える開口部を入ると川を降りる階段がある。料理は、写真左の店から道路を渡って運び入れるのだろう。貴船・川床(かわどこ)料理の店

貴船口駅からバスで終点の「貴船」行き、そこから少し歩く。

歩いていると、ソフトクリームの看板が目に付いたので店に入った、その店はお土産やソフトクリームなども売っている。

ソフトクリームを食べようと店に入るが誰もいない。

店内はお昼の片付け中で忙しそうな雰囲気があった。

 忙しそうに、食べたあとの食器の片付けをしている人を見つけ、アイスクリームくださいと声をかけた。

ちょっと嫌そうな顔をして、アイスクリームのところへ行って、作ってくれた。

気持ちはわかる。片付けで手が回らないほど忙しい上に、アイスクリーム作ってと言われると、誰もそんな顔になる。

思わず、「いやですか?」と言いかけてやめた。

店の中に腰掛けて、アイスを食べていると、なぜか、次々とアイスクリームのお客さんが来店。

その時は、その店員さんは、嫌な顔せず積極的に対応していた。

それくらい、この時期は、このあたりの店にとっては、書き入れ時。

 

川床(かわどこ)料理の値段。

妻の話だとひとり1万円ぐらいすると言っていた。

食べログで調べると10,000から15,000円までのようだ。

調べると、店によっては、もう少し安く、川床料理を楽しめるところがあるとあった。

貴船の手前のバス停の「三本杉」バス停の前にあった「古今藤や」は、わりと安価で川床(かわどこ)を楽しめそうだ。

tabelog.com

   

 

川床(かわゆか)

5月になると、鴨川の左岸に並ぶ床。京都の風物詩だ。

二条くらいから五条近くまであるように思う。

↓二条大橋から

f:id:m3785com:20220704191220j:image

↓四条大橋から、手前は「先斗町いずもや」

f:id:m3785com:20220704191509j:image

貴船神社からの帰りは、行きとは真逆のコースを取った。
今度は、京阪「祇園四条」駅で降りて、阪急京都河原町で阪急に乗り換える。

四条大橋を渡る時に目につくのが、先斗町いずもやの川床(かわゆか)。
橋に一番近いところにある。

貴船では、予約なしでもOKの店もあったようだが、着いた時間が16時ごろだったこともあって「かわどこ」は諦めて、下流の「かわゆか」でもと思って、先斗町入口にある「先斗町いずもや」に入った。

子供ころ、テレビCMをよく見た「先斗町のいずもやへ~」というフレーズを覚えている。

 

予約していないが、川床(かわゆか)料理を食べることができるか入ったみた。

店内に入ると、川床が目の前に広がる。

店員さんが出てきた。予約がないので、断られるかなと思ったが、

人数を聞いてきた。

「二人」と伝えると、床席を確認してくれた。

意外と予約なしでも、いけそうな感じだった。

床を見ると、席は何席が空いていた。OKかな?と思った。

しかし、どの席も予約が入っているとのことだった。そして、席が開くには少し時間がかかるとのことだった。

残念だが、またの機会に。

ちょうど、夕食時、食事は2階でもできるとのことなので、2階に上がった。

クーラーの効いた部屋で、川床(かわゆか)料理を食べている人を下に、食事をした。

川床(かわゆか)と四条大橋と南座

四条大橋から南座の夕景も楽しんだ。こんな時間に京都にいることは、めったにない。京都の夕景もいいものだ。

四条大橋と南座

川を隔てて、向いのレストラン菊水の屋上には、ビヤガーデンがあるようだ。

レストラン菊水 ビヤガーデン

鴨川上流のほう

tabelog.com