散歩(京都・大阪など)

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山など。



関ヶ原もう一つの天下分け目の戦い 壬申の乱  2018.09.02

★★★目次★★★

 ★★★★★★★

再び関ヶ原

二年ほど前、関ヶ原にいったことがある。

関ヶ原の戦いの史跡を歩いて見て回った。

関ヶ原は広い、古戦場となると、一ヶ所一ヶ所は、離れている。

十分に見て回れなかった。

帰りに、壬申の乱の史跡もあるのに気づいた。

その時は、興味なかった。

前回は、「青春18切符」で行った。

今回も、「青春18切符」で行った。

新大阪から1時間45分、途中米原駅で乗り換え。

今回は、壬申の乱の史跡と前回行けなかったところを行こうと思った。

 

移動はレンタサイクルがいい!

駅前に、「関ヶ原駅前観光交流館 いざ!関ヶ原」で、レンタサイクルを借りることができた。

電動アシストの自転車を借りた。

4時間1,000円

普通のだと500円

電動アシスト自転車はとても楽だった。

平坦なところだけど、坂はある。

楽々だった。

交流館前は、武将に合わせた周遊コースを店頭で紹介していた。

f:id:m3785com:20180902150441j:image
f:id:m3785com:20180902150445j:image

 

関ヶ原駅

関ヶ原駅は、古い感の駅。

f:id:m3785com:20180902150632j:image
f:id:m3785com:20180902150643j:image
f:id:m3785com:20180902150640j:image

f:id:m3785com:20180902181448j:image

 

   

 

壬申の乱

壬申の乱は、天智天皇の死後、天智天皇の息子 大友皇子天智天皇の弟 大海人皇子皇位継承の戦い。

叔父甥の戦いと言いたいたいが、大友皇子大海人皇子の義理の弟でもある。

兄弟喧嘩とも言える。

権力闘争だ。

人望も人脈もあり経験もある大海人皇子が勝利し、天武天皇が即位することになる。

その戦いが「壬申の乱

 

最初の目的は、不破の関を目指して、駅前観光館でもらった地図を見ながら、フラフラと走った。

不破関

f:id:m3785com:20180902154734j:imagef:id:m3785com:20180902194920j:image

不破関は、古代律令制下三関の一つ。

壬申の乱の乱ときに設置された。

そのほかは

東海道の伊勢鈴鹿

北陸道の越前愛発関(あらちのせき)

いずれも789年廃止された。

これが、いまでも、西日本と東日本の境になったようだ。

不破関の記念館があった。f:id:m3785com:20180902154903j:image
f:id:m3785com:20180902154906j:image

壬申の乱の資料が展示されていた。

説明の資料にはイラストが使われて、壬申の乱に関係した人物のイメージしやすくしなってい。駅前でもらった地図にも同じようなイラストを使った説明が載っていた。

f:id:m3785com:20180902181309j:image

「食の境目・文化の関所和蹔(わざみ)」と言う東西の食や文化の違いの展示もあった。こちらの方がおもしろかった。 

f:id:m3785com:20180902185523j:image

 

 

 

弘文天皇陵墓候補地

「自害峯の三本杉」

ちっとした山道を上がると、

説明看板があった。次のようなことが書いてあった。途中から抜粋で書いてある内容を書いてみる。

壬申の乱はこのあたりから始まり、その近江の瀬田で大海人軍は大友軍をやったのです。ここは、自害された大友皇子の頭が葬られていると伝えられ、弘文天皇御陵の候補地です。三本杉がそのしるしとなっています。 関ケ原町

弘文天皇陵は大津市御陵町にある。
弘文天皇は、天武天皇が編纂を命じた経緯もあってか、天皇としては認められず。明治になって39代天皇とされたようだ。

井上靖氏の「額田女王」では、大友皇子の亡くなったところを以下のように書いてあった。
大友皇子は本日午後頃、山前(やまさき)の地で御自刃あそばれました。・・」とあった。

山前はどこだろうか?

f:id:m3785com:20180902195047j:image
f:id:m3785com:20180902195052j:image

f:id:m3785com:20180902195050j:image

上がって行くと

f:id:m3785com:20180902195250j:image
f:id:m3785com:20180902195253j:image

 

 

 

   

 

井上神社

f:id:m3785com:20180902195423j:image
f:id:m3785com:20180902195531j:image
f:id:m3785com:20180902195420j:image

「672年に、ここ藤古川(ふじこがわ)をはさんで西軍の大友皇子弘文天皇)と東軍の大海人皇子天武天皇)の天下分け目の戦がありました。この壬申の乱で、大海人皇子が大勝利を収めることができたのは、解くに地元美濃出身の兵士らが活躍したからだと言われています。この神社は天武天皇を祭っています。一方右岸にある山中、藤下の八幡神社には、弘文天皇が祭られています。 関ケ原町」と書かれた案内文があった。

 

 

 

関ヶ原は、まだ蝉が鳴いていた。

大阪ではもう鳴いていない。

しかも、大阪で鳴いている蝉とは違う蝉。

みんみん蝉やツクツク法師など。

 

記紀編纂の要因

乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん)で中大兄皇子天智天皇)は蘇我入鹿を暗殺する。 これに憤慨した蘇我蝦夷は大邸宅に火をかけ自害した。 この時に朝廷の歴史書を保管していた書庫までもが炎上する。 『天皇記』など数多くの歴史書はこの時に失われ、「国記」は難を逃れ中大兄皇子天智天皇)に献上されたとあるが、共に現存しない。 献上されたことが事実であったとしても、天智天皇白村江の戦いにて唐と新羅連合に敗北しており、記紀編纂の余裕はなかったと推測される。既に諸家の帝紀及本辭(旧辞)には虚実が加えられ始めていた。そのために『天皇記』や焼けて欠けてしまった「国記」に代わる『古事記』や『日本書紀』の編纂が、天智天皇の弟である天武天皇の命により行われる。まずは28歳の稗田阿礼の記憶と帝紀及本辭(旧辞)など数多くの文献を元に、『古事記』が編纂された。その後に、焼けて欠けた歴史書や朝廷の書庫以外に存在した歴史書や伝聞を元に、さらに『日本書紀』が編纂された。 (ウィキペディア「日本書記」より)