散歩(京都・大阪など)

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山など。



等持院 300811

前の投稿で頂いたコメントを見て、

等持院に行こうと思った。

足利尊氏が創建した。

かつての、尊氏の私邸が幕府の発祥地でその敷地内に等持寺がある。

そにつながり。

吉川英治さんの「私本太平記」を読んで、この時代近辺に興味を持つようになったのもある。

関係する場所には行ってみたいと思う。

 

当然、そこには、尊氏の墓がある。

庭園の中にひっそりと、記念石碑のような感じだった。

昨年の6月から、改装中。

「本堂」「霊光殿」「茶室 清漣亭」が改修工事。拝観できないそうだ。

庭園のみの参拝。

その為か、拝観料は300円。

f:id:m3785com:20180811202631j:image

横は、工事のシートが張られていた。

f:id:m3785com:20180811214513j:image

入って、だるまさんの手前を左に曲がる。

右に曲がると、工事中の本堂の方?かに行けるようになっている。

f:id:m3785com:20180811214359j:image

 

この辺りから庭に出る。

履きももが用意してある。

f:id:m3785com:20180811214355j:image
f:id:m3785com:20180811214351j:image
f:id:m3785com:20180811214343j:image

庭園は、緑豊かで、もみじを多く見かけた。

紅葉のシーズンは、いいだろうなと想像がつくけど、人が多いだろうなとも想像がつく。

今日は、庭園を歩いている拝観客はひとりだった。

 

f:id:m3785com:20180811215143j:image
f:id:m3785com:20180811215139j:image
f:id:m3785com:20180811215147j:image
尊氏のお墓

f:id:m3785com:20180811215253j:image

工事中をちょっと覗いた。

覗けるように、シートがしていないとことがあった。
f:id:m3785com:20180811215257j:image

玄関に戻って。

吹き抜けの上。
f:id:m3785com:20180811215249j:image

改修が終わった頃に、もう一度言ってみようと思う。

 

 

 等持院

 1341年に、足利尊氏天竜寺の無窓国師を迎えて、この衣笠山のふもとに創建された。後に,御池上る高倉通の尊氏、二代目義詮のころの室町幕府の地にあった等持寺が移されて、足利将軍家歴代の菩提所になった。応仁の乱などの戦乱で火災にさらされたが、秀吉や秀頼が建て直すなど、足利幕府の菩提所として、重要視されてたいようだ。

 アクセス

 この日は、阪急西院駅から京都バス26系統にのって、「等持院南町」でおりた。少し歩くと、嵐電の踏切があった。それを過ぎると、それほど歩かずに等持院と大きく書かれた入り口についた。入口からしばらく歩くと等持院がある。