散歩

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山など。

みどり葉の季節 <緑と萌黄と藍と碧と青> 勝浦 300425

大阪にいるとなかなか気づくことがなかった。数年前にこの時期に琵琶湖の湖西に行った時、緑多い山の色がまだらなのが気になった。

 

濃い緑と淡い緑が山を覆っていた。陽の光の加減かと思ったが、良く見ると違う。

多分、落葉樹の新芽の淡い緑と常緑樹の濃い緑があるのだろう。

秋の紅葉も山を紅や黄緑が混在して山を彩る。

春も、紅葉ほどの鮮やかさはないが、緑のグラデーションが面白い。

萌黄、鮮緑、深藍など山に多種のみどり色で覆われる。

みどり色のオンパレード。

写真に撮るとどうもその色の表現が出ない。

f:id:m3785com:20180425201711j:image

f:id:m3785com:20180425201857j:image

実際に見るととても綺麗。陽が照っていなくても、淡い緑は陽が当たっていように錯覚してしまいそうになる。なんとも不思議な感じがする。

秋の紅葉に対して、春は多種の「みどり」と出会うことができる季節。ひらがなで「みどり」一般を指す意味で「みどり葉の季節」と言うのも面白いかな。

いいカメラだとキットいい色が表現できると思う。

iPhone5sのカメラだから、なかなか臨場感を表現するのは難しいかな。

 

↓4年前に湖西で撮った写真

f:id:m3785com:20180425213128j:image

取り立てて言うほどの事ではないかもしてない。季節の移る時は、目に見える色の変化が、季節の愉しみだ。

夏になると。色合いが少なくなって行く。春と秋は自然の織りなす色合いを愉しめる。

 

同じみどりでも「碧」とい言うのもある。紺碧色と言えば、海を思う。

空と海の「あお」と「みどり」コントラストはいつ見てもいい。

f:id:m3785com:20180425202111j:image

f:id:m3785com:20180425202300j:image

南紀出張に行くことがよくある。行く季節その日の天候によって、見える色が違う。それは、出張の中での愉しみ。