散歩

スマホで撮った写真 京都・大阪・和歌山など。

正面通 西本願寺ー豊国神社 291224

正面通って面白い名前だと思った。

特に有名でもないが、興味深い。

正面通の由来は方広寺の大仏殿の前から続く通りだから。

東端が大和大路通、西は天神通まで。

西本願寺にに行ってみると

正面通は方広寺から本願寺までを結んでいるように思えてくる。

本願寺は今の西本願寺

本願寺は、信長との長い戦いの後、講和で大阪天満を退去した。

その後、今の土地を秀吉から寄進されることになるが。

信長と講和し、門主顕如が退去を約束するが、長男教如は残り、顕如は講話違反と問わることになった。

このときに、この親子の関係にひびが入り始めたようだ。

顕如教如を嫡廃し、三男を准如を嫡子とした。

顕如の死後、秀吉の命でいったん教如門主になる。

准如の如春(教如准如の母)が夫の顕如の遺志にそうために秀吉に働きかけて、

准如門主となった。

これにより教如准如の関係は、修復できないヒビが入ったのだろう。

本願寺はあの信長も手を焼いたほどの組織力を持っている。

秀吉の次に天下をとった家康もそのことは承知していただろう。

関ヶ原の戦いの後、当時の門主准如関ヶ原で西軍ついたことを理由に、江戸幕府は隠居させられていた准如の兄の教如門主にしようとした。

しかし、宗教勢力を弱める効果があると、新たに教如に土地を与え、事実上本願寺を東と西に分離させた。

それまでに分裂の動きが出ていた。

幕府としてもやりやすかったと思う。

信長を梃子づらせた本願寺一派を弱体化させることができた。

准如西本願寺

教如東本願寺

 

西本願寺は秀吉に今の土地を寄進され、関ヶ原も西軍についた。

東本願寺江戸幕府に現在の土地を寄進された。

冒頭にかいたが、正面通りは西本願寺方広寺を結ぶようにあったと思われる。

そこで江戸幕府は正面通を分断するように東本願寺そして東本願寺渉成る園(枳殻邸)を作らせた。

ここにも、豊臣と徳川の争いの痕跡があるかのようだ。

 

 

 

西本願寺の御影堂門

f:id:m3785com:20171224143041j:image

境内から御影堂門と総門。総門から正面通が東に伸びている。

f:id:m3785com:20171224143330j:image

総門(堀川通を挟んで)

f:id:m3785com:20171224143523j:image

正面通から総門を通して御影堂門が見える。

f:id:m3785com:20171224153119j:image

 正面通を東に進むと、突き当たりる。

東本願寺あたり

f:id:m3785com:20171224153853j:image

回り込んで、東本願寺の東に出て、正面通から東本願寺の正門。

ちょっとずれている。

f:id:m3785com:20171224154036j:image

さらに東こ行くと

渉成園(枳殻邸)で突き当たる。

ここは正面の入り口に行き当たる。

f:id:m3785com:20171224154319j:image

f:id:m3785com:20171224160749j:image

 

   

 

渉成園を回り込んで、河原町通から再び正面通を東へ。

高瀬川にかかる「正面橋」

f:id:m3785com:20171224160920j:image

f:id:m3785com:20171224160947j:image

さらに東へ鴨川にかかる「正面橋」

f:id:m3785com:20171224161114j:image

川端通を渡り、正面通を東へ。

f:id:m3785com:20171224161244j:image

道が広くなり

f:id:m3785com:20171224161343j:image

耳塚を右手見ながら歩くと

f:id:m3785com:20171224161417j:image

豊国神社に到着。

かつてこの辺りは方広寺の境内だったあたり。

f:id:m3785com:20171224161505j:image